忍者ブログ

ラジコンヘリと戯れる記録

HIROBO製ラジコンヘリ、SDXを中心とした雑多な備忘録的記録ですが、最近は固定翼機やマルチローターにも手を染めてます。いつまで経っても初心者を脱却できませんのでコメント欄などでいろんなことを教えていただきたいと思っています。飛ばしているよりも修理時間が長いのはご愛敬(^^;;

2007.08.11 (Sat)
先日のHOLD失敗にてスピンドルを損傷させたOSスカディーの修理が終わったので、調整をかねて仕事帰りに飛行場へ。午後3時を回った頃でしたが、誰もおらず閑散としていました。それもそのはず、暑すぎます(笑)
d84e6b96.jpeg
暑い。暑すぎます・・・。
風速は1m/sec程度、しかし気温は概算でも37℃近くあるようです。立っているだけで汗が噴き出してきます。しかもかなり蒸し暑い。ヘリを飛ばす前に、人間が飛んでしまいそうな勢いです。とりあえずホバリングだけでもと思い飛行準備にかかります。

エンジンは一発で始動、エンコンをあげていきます・・・が、ホバリングでの回転数が異様に高い。こりゃおかしいということで降ろしてみると、ホバリング時 のピッチが3°しかありません(泣) 修理の際にサーボマウントを変更したのですが、このときにニュートラルがずれたまま修理してしまったようです。現場 でも直せるレベルのものでしょうが、この暑さでは無理と判断。上空さえ飛ばさなければとりあえずは大丈夫かと思い、プロポで無理矢理ピッチをあげて飛ばし てみました。とりあえず浮上し、まぁまぁの感覚で飛ぶようにはなりましたが、やはり機械的ニュートラルの再設定が必要なようです。
SANY0001-small.JPG
トラブル続きのOSスカディー・・。
その後アイドルアップも念のため入れてみたのですが、これがひどい。かなりの振動が出ています。テールの縦揺れではなく、ボディ全体の振動です。どうもメ インマストをケチって修理しなかったのが災いしたようです(笑) ホバリングでは感じなかったのですが、修理が必要と確認できただけ良かったかもしれませ ん。

結局3/4タンクほど焚いて終了。素直に帰って修理調整することとしました。機械的ニュートラルの再設定はトリムコーポレーションのアルミサーボホーンの ため、かなり楽です。まずはセレーションアダプターを叩いて外し再度サーボに取り付け。プロポの設定をオールニュートラルにし、サーボニュートラルを出し ます。そしてサーボホーンを規定の角度でそっとはめ込み、ビスで締め込んで固定し完成です。穴を開ける必要もなく、セレーションを合わせるためにサーボ ホーンを無駄にすることもない便利な一品です。少々お値段がはりますが、長く使えるのでトータルでみればお得なのではないでしょうか。

メインマストは素直に交換。交換前にヘッドをまわしてみるとギヤに一部引っかかりがあるような感じがします。微妙にずれていそうな感じでした。交換後この症状は消失。スムーズに回るようになりました。

ここしばらく、このOSスカディーは修理と調整に明け暮れているような感じです。ちゃんと調整して上空を飛ばせてあげたいんだけどなぁ(笑)

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
 ←タイトルは適当に改変してください
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [75] [74
«  NewerHOME : Older »
ただいまの時刻
関電管内 使用電力状況
ブログ内検索
最新コメント
Spam防止のため承認後の掲載となっております(^^;;
は返信済みのコメントです。
[11/28 早さんです。]
[10/31 早さんです。]
[10/25 おいやん]
[10/18 k2]
[07/31 hata]

ラジコンヘリと戯れる記録 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]