忍者ブログ

ラジコンヘリと戯れる記録

HIROBO製ラジコンヘリ、SDXを中心とした雑多な備忘録的記録ですが、最近は固定翼機やマルチローターにも手を染めてます。いつまで経っても初心者を脱却できませんのでコメント欄などでいろんなことを教えていただきたいと思っています。飛ばしているよりも修理時間が長いのはご愛敬(^^;;

2010.04.14 (Wed)
テール周りをいじってみました

御存知の通りSDXはスカディをベースとしたヘリですが、ヘッドが違うなど相違点もあり全く同じとはいきません。しかし共通部品も多く、テールなんかもその代表です。例えばテールブレードホルダーはスカディの時からフレイヤ用の物に交換できたりしました。SDXではタービュランスで採用されたブレードホルダーとなっており、ベアリング3点支持などスカディ標準に比べかなり強化されています。

ただ、コストダウンが図られた部分もあります。それがこのピッチプレートASSY。ラダーコントロールロッドの前後の動きを左右の動きに変換するための大事な部分です。ピッチプレートは数点の部品からなるのですが、テールプーリー軸に対するスライド軸がかしめられた状態で出荷されています。半完成品のSDXはこのプレートが採用されていると思います(今現在はわかりません) ところがこのかしめられたASSYは結構早くにガタが来るようです。僕のSDXもガタつきがありましたが今まで見て見ぬふりをしてきました(笑)
P1050744.jpg
おそらくコストダウンのためだと思います。分解は基本的にできません。
エンジンがまだ返ってきませんし、GY611を載せた弐号機を【安定稼動機】とするためにもテールピッチプレートを標準のスライド軸タイプに変更しました。交換は簡単でものの数分で終わります。
P1050740.jpgP1050743.jpg
ガタつきは一気に解消。少々高いのですがオススメです。
装着後はピッチ方向へのガタが皆無となりかなりしっかりしました。ブレードホルダーの遠心方向への若干のガタは認められますが、高速回転しているものですし問題ないと思います。おそらくこのガタは最初から遊びをもたせているものかと思います。念のためブレードホルダーを固定するビス受けのワッシャはM3ノルトロックワッシャに変更しました。
P1050741.jpg
緩み防止効果のあるノルトロックワッシャ。テールブームブレースにも使っています。
早くエンジン返ってこないかなぁ…。

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
 ←タイトルは適当に改変してください
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Res:テールピッチプレート交換
僕のSDX-3号機は、カシメタイプのまますでに72フライトです。
もったいないので使える間は使っているのですが、そろそろガタが大きくなって来ました。
換え時かなぁ・・・

E/Gが早く帰ってくるとイイですね♪
たつや: URL 2010.04/15(Thu) 10:19 Edit
Re:Res:テールピッチプレート交換
コメントありがとうございます。

カシメタイプのものはガタが出てきても対応のしようがなく、結局ASSYで交換ですよね。勿体無い気がします。通常ものもいずれガタが出てくるでしょうけど…。

エンジン早く返ってこないかなぁ…。
2010/04/15(Thu) 12:18
Res:テールピッチプレート交換
僕はガタが出る前に破損したんで一機は交換しましたが(泣)

もう一機まだガタがないから破損してからかなぁ?

たつやさんに同じくE/G早く治ってくればいいですね。

僕も気をつけます。
ぷよちん: URL 2010.04/15(Thu) 11:15 Edit
Re:Res:テールピッチプレート交換
コメントありがとうございます。

カシメタイプでもガタがなければ交換は不要だと思います。ただ、スライド軸が妙な構造になっているので、ガタが出るのは少し早いのかもしれません。いずれにせよ新品部品は気持ちのいいものです(笑)

エンジン早く返ってきて欲しいんですけどねぇ…orz
2010/04/15(Thu) 12:20
trackback
この記事のトラックバックURL:
[430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420
«  NewerHOME : Older »
ただいまの時刻
関電関内 使用電力状況
ブログ内検索
最新コメント
は返信済みのコメントです。
[05/09 k2]
[03/02 きよっさん]
[03/02 きよっさん]
[02/17 k2]
[02/16 k2]

ラジコンヘリと戯れる記録 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]