忍者ブログ

ラジコンヘリと戯れる記録

HIROBO製ラジコンヘリ、SDXを中心とした雑多な備忘録的記録ですが、最近は固定翼機やマルチローターにも手を染めてます。いつまで経っても初心者を脱却できませんのでコメント欄などでいろんなことを教えていただきたいと思っています。飛ばしているよりも修理時間が長いのはご愛敬(^^;;

2017.04.18 (Tue)
OSD積んでみました

先日来、載せよう載せようと思っていてなかなかできなかったOSDの搭載に着手しました。OSDはシンプルなものから多機能なものまで色んな種類のものがありますが、とりあえず今回はFCと愛称の良さそうなMinimOSDをチョイス。以前のものは大きな基盤でしたが、今回載せたMicro Minim OSDは15mm角程度の大きさ。ピンヘッダを取り付けるなどの作業が必要ですが、搭載スペースの少ないレーサー機にはもってこいです。

チロルチョコより小さいサイズ(^^♪
接続はそれほど難しくなく、FC側のUART3・VTx・Camと接続するだけです。UARTから電源と各種情報を得、Camからは映像が入力され、VTxにはスプライトされた映像を出力する、という構造です。メインバッテリの電圧を知りたい場合は直接BATタブ(BAT1はN/A、BAT2に繋ぎます)に繋げば示してくれますし、FCにバッ直で繋いでいる場合にはFC越しでも知ることができます。

見難いですが、HorizontalBarが動くのはFCとつながっている証左(^^;;
さて、接続が終わっていざ電源をON!、してみたところ”ARDUCAM OSD V2.0”"WAITING FOR MAVLINK HEARTBEATS"と表示されるだけでおしまい。どうやら出荷状態ではAPMやPIXHAWKなどのMAVLINK用になっているようで、FWの書き換えが必要なようです。※なお、CC3DはOpenPilotで運用する場合はMAVLINK、CF/BFなどで運用する場合はMSPを使います。

スプライトはオッケーですが、それ以外は機能せず…orz
今回はスタンダードなFWであるMW OSD(R1.7)を選択。HPからFWをダウンロードしFTDIプログラマ経由でArduinoを使って書き込みます。このFW(MW_OSD.ino)には各種ボードの設定が書き込まれていますが、書き込む前にFWから自分が使っているFCのコメントアウト部分をもとに戻しておきます。書き込みが終われば取りあえず使えるようになります。
 
FTDIとはケーブル6本で接続します。FCとは4ピンでいいんですけどね(^^;;
MW OSDのいいところはカスタマイズが自由にできるということ。必要な情報だけを取捨選択することができます。カスタマイズにはMW OSD configuratorを使います。以前はフリーだったような気がするのですが、いつの間にかChromeアプリになっていて195円の有料ソフトになってました(^^;;  有料になりましたが、ChromeアプリだとOSを選ばないのはありがたいです(^^♪

ChromeアプリになったMWOSDConfig.。字が小さすぎます…(^^;;
あとはFTDIプログラマと接続し、アプリを起動すればカスタマイズできるようになります。GPS情報などは不要なので削除しておきました。BAT電圧はチェッカーを使いながら補正をかけます。そのままの補正値(200)では実電圧を示さないので注意が必要です。なお、定番のコールサインは10秒に一度出現するようです(^^;;

文字化けしてますが、フォントを正しくアップロードするともとに戻ります(^^;;
また、MinimOSDはFCとUARTを介してつながっているので、プロポのスティック操作でMinimOSD側からFCの設定を変更することもできます。便利かどうかは別として、機能はてんこ盛りです(^^♪
MicroMinimOSDは簡易ハウジングを作ってカメラ裏に押し込みました(笑)

…あとは腕だな(笑)

拍手[0回]

PR
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
«  NewerHOME : Older »
ただいまの時刻
関電関内 使用電力状況
ブログ内検索
最新コメント
は返信済みのコメントです。
[03/02 きよっさん]
[03/02 きよっさん]
[02/17 k2]
[02/16 k2]
[02/14 JYALA]

ラジコンヘリと戯れる記録 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]