忍者ブログ

ラジコンヘリと戯れる記録

HIROBO製ラジコンヘリ、SDXを中心とした雑多な備忘録的記録ですが、最近は固定翼機やマルチローターにも手を染めてます。いつまで経っても初心者を脱却できませんのでコメント欄などでいろんなことを教えていただきたいと思っています。飛ばしているよりも修理時間が長いのはご愛敬(^^;;

2008.12.28 (Sun)
ライニングが・・・

飛ばし納めで発覚したOS-SWMスカディのクラッチトラブルですが、帰宅後早速修理に取りかかりました。カップリングはイモねじをなめてしまっており、どうしようもないのでドリルで切削します。以前は普通の鉄工用ドリルビットを使っていましたが、カップリング自体もステンなため切削に異様なほど時間がかかり半泣きになった経験が・・・。そこで今回はステンレスにも使えるドリルビットをコーナンで購入。各サイズ併せて10本ほど入ったワンセットものが1000円ちょっとでした。φ2.8mmも必要そうだったので、こいつは単品で購入。

早速切削です。以前の鉄工用ビットとはまるで能力が違います。あれよあれよという間に切削が終了、クラッチシューのDカット部分に到達しました。
SANY0108-blog.jpg
すでにカオス状態・・・
しかしフレームに組み込んだままでは簡単には外れてくれませんので、作業性も重視し結局フレームを解体しエンジンを降ろしました。なんだかんだでカップリングが外れ、クラッチ回りを点検です。
SANY0109-blog.jpgSANY0110-blog.jpg
飛び散ったライニング粉。パッと目に異常はなさそうですが・・・。
たしかにライニングの粉があちこちに付着しており、何らかのトラブルがあった模様。しかし、手で回してみるとスムーズに回っています。クラッチシューを留 めているM3ビスも確実に留まっており、これが原因ではなさそうです。また、シュー自体も広がりきったという感じは全くなく、割れなども見られません。結 局原因はよくわかりませんでしたが、ライニングの張り替えだけでもしておくことに。

まずは今までのライニングを外すのですが、力業ではまず外せません。バーナーなどでライニングを炙り、熱を加えると接着していたエポキシが緩みますので、 カッターなどでペロンとはがせばオッケーです。そして今度はライニングをはめ込むのですが、仮留めまでは問題なく大丈夫だったものの今度はライニングが外 れません。エイヤっとラジオペンチで引っ張ってみたところ

ライニングが欠けてしまいました(泣)

予備がないので結局修理は翌日に繰り越し。
SANY0111-blog.jpg
欠けたライニング(笑)
なんともお粗末な話でした(笑)

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
 ←タイトルは適当に改変してください
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164
«  NewerHOME : Older »
ただいまの時刻
関電関内 使用電力状況
ブログ内検索
最新コメント
は返信済みのコメントです。
[05/09 k2]
[03/02 きよっさん]
[03/02 きよっさん]
[02/17 k2]
[02/16 k2]

ラジコンヘリと戯れる記録 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]